TOPへ戻る
最終更新日:2020.11.15
名称

ビジョナデシコ(美女撫子)

ヒゲナデシコ(髭撫子)
アメリカナデシコ(アメリカ撫子)
英名
Sweet William
学名
Dianthus barbatus
名の由来
「ヒゲナデシコ」は、総苞片が髭のように長く伸びていることから。
「アメリカナデシコ」は、日本に渡来した明治時代頃、アメリカで多く栽培されていたことから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:20~80cm/葉身長:4~10cm/花径:18〜25mm/果長:10〜13mm
形態
茎は直立して叢生し、まばらに分枝し、節が肥厚する。葉は下部では先が尖った長卵形、上部では披針形で、対生し、基部は茎を抱く。5~6月頃、茎頂に花序を作り、5弁花を半球状に咲かせる。花は赤で中心部が白く、花弁先端はギザギザに切れ込む。萼は筒状で、先端が5裂し、基部に先の尖った細長い総苞が取り囲んで、目立つ。果実は円筒形の蒴果で、熟すと先端が4裂する。
品種
花色は白、ピンク色、赤、赤紫色、複色、蛇の目模様が入るものなど。八重咲きや、花弁が無くヒゲのような総苞を鑑賞するものもある。葉色が赤褐色、矮性、四季咲きなどの品種もある。
原産地
ロシア南西部、バルカン半島
生育
日当たりのよい場所を好む。繁殖力が強い。基本種は低温に当たると花芽をつけるが、四季咲き性のものは気温に関係なく花芽をつける。
利用
花壇植え、鉢植え、切花。
ビジョナデシコ
千葉県習志野市、歩道
2008.5.18
ビジョナデシコ
千葉県習志野市、歩道
2008.5.18
ビジョナデシコ
東京都江東区、夢の島公園
2012.6.3
ビジョナデシコ
東京都江東区、夢の島公園
2012.6.3
ビジョナデシコ
東京都江東区、夢の島公園
2012.6.3
TOPへ戻る