TOPへ戻る
最終更新日:2020.12.15
名称

レッドキャンピオン

アケボノセンノウ(曙仙翁)
シレネ・ディオイカ
英名
Red campion
学名
Silene dioica
Melandrium rubrum
性状
多年草(短命)、または一年草(秋~翌初夏の越年性)/雌雄異株
大きさ
高さ:60~100cm/葉身長:4~10cm/花径:15~20mm
形態
冬季はロゼット状で、春に茎を立ち上げる。茎は地際から枝分かれし、株立ちとなる。全体が短い毛に被われる。葉は濃緑色で、先が尖った卵形〜披針形で、対生する。主に5~6月頃、断続的に10月頃まで、茎頂に花序を作り、桃色の5弁花を咲かせる。花弁は倒卵形で、花弁先端が深く凹む。花弁基部に鱗片が2個つく。雌花は5本の白い花柱があり、萼は筒状で卵形。雄花は10本の雄しべがあり、萼は筒状で円筒形。萼筒は赤っぽい縦筋が入り、毛に被われ、先端が5裂する。果実は卵形の蒴果で、熟すと先端が10裂し、裂片は外側へ反り返る。
品種
変種が多く、様々な品種がある。
原産地
ヨーロッパ
生育
日当たりのよい草地や荒れ地に自生する。強健で栽培容易。こぼれ種でよく増え、冷涼地では帰化している。
利用
庭植え。花はエディブルフラワーとしてサラダや料理に利用される。
レッドキャンピオン
東京都江東区、木場公園
2010.5.3
レッドキャンピオン
東京都江東区、木場公園
2010.5.3
レッドキャンピオン
雌花
東京都江東区、木場公園
2010.5.3
TOPへ戻る