TOPへ戻る
最終更新日:2016.11.13
名称

ニワウルシ(庭漆)

シンジュ(神樹)
英名
Tree of heaven
学名
Ailanthus altissima
名の由来
「ニワウルシ」は、葉が「ウルシ」に似ており、庭木にされることから。
「シンジュ」は、英名の「Tree of heaven」を訳したもので“天にも届く樹”を意味している。
性状
高木/冬季落葉/雌雄異株
大きさ
高さ:10~20m/小葉長:7~12cm/葉長:40~100cm/果長:3~5cm
形態
樹皮は灰白色で、滑らか。老木では、縦に浅い割れ目ができる。枝分かれが少なく、葉は枝先に集まってつく。葉は小葉13~25枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は鋭尖頭の長楕円形で基部近くに大きな鋸歯が1~2対ある。6月頃、枝先に円錐花序をつけ、緑白色の花を咲かせる。雄花の雄しべは10本で、雌しべは退化している。雌花には退化した雄しべが10本、先が5裂した柱頭がある。果実は狭長楕円形の翼果で、中央に種子があり、翼の部分はねじれる。果実は落葉後も枝に留まり、強風で飛ばされる。
原産地
中国(北部~中部)
生育
強健で栽培容易。耐陰性もあり、大気汚染にも強い。庭木や街路樹として導入されたものが河原や荒れ地などで野生化している。
利用
庭木、街路樹。材は器具に使われる。
ニワウルシ
千葉県習志野市、緑地
2016.1.7
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.2.19
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.1
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.26
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.29
ニワウルシ
千葉県千葉市、公園
2012.5.31
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.8.26
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.29
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.29
ニワウルシ
千葉県千葉市、千葉公園
2016.6.14
ニワウルシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.28
ニワウルシ
葉と雄花
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.28
ニワウルシ
葉と雄花
千葉県千葉市、公園
2012.5.31
ニワウルシ
雄花
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.29
ニワウルシ
雄花
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.29
ニワウルシ
葉と果実(未熟)
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
ニワウルシ
葉と果実(未熟)
千葉県習志野市、香澄公園
2006.7.2
ニワウルシ
葉と果実(未熟)
千葉県習志野市、街路樹
2007.7.28
ニワウルシ
幼木
千葉県習志野市、緑地
2016.5.28
NOTE
TOPへ戻る