TOPへ戻る
最終更新日:2021.1.1
名称

ツルウメモドキ(蔓梅擬)

英名
Oriental bittersweet
学名
Celastrus orbiculatus var. orbiculatus
Celastrus articulatus
名の由来
「ツルウメモドキ」は、モチノキ科の「ウメモドキ(梅擬) Ilex serrata」に似て、蔓性なので。
性状
木本/冬季落葉/蔓性/雌雄異株
大きさ
葉身長:3.5~10cm/雌花径:6mm/雄花径:8mm/果径:7~8mm
形態
茎は直立し、分枝する。枝が他物に達すると茎は細く柔軟になって、巻きつく。葉は先が急に小さく尖った倒卵形~楕円形で、鈍い鋸歯があり、互生する。5~6月頃、葉腋から短い集散花序を作り、薄黄緑色の小さい花を十数個咲かせる。花弁は淡緑色。雌花の柱頭は3裂し、周辺に退化した雄しべがある。雄花は雌花に比べて大きく、5本の雄しべがあり、中心に退化した雌しべがある。果実は球形の蒴果で、果実の先端には花柱が残存し、10~12月頃、黄色く熟すと3つに裂け、朱赤色の仮種皮に覆われた種子が露出する。
品種
斑入り品種がある。
原産地
日本(北海道〜沖縄)、朝鮮半島、中国
生育
山野に普通に自生する。強健で栽培容易。肥沃で適湿な場所を好む。非常に成長が早い。
利用
庭木、盆栽、花材。
ツルウメモドキ
東京都中野区、遊歩道
2008.4.25
ツルウメモドキ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
ツルウメモドキ
千葉県勝浦市、山地
2012.5.19
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2020.7.31
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2020.7.31
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2016.10.16
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2020.11.3
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2020.12.7
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2018.11.30
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2019.12.26
ツルウメモドキ
千葉県習志野市、緑地
2019.4.27
ツルウメモドキ
千葉県勝浦市、山地
2012.5.19
ツルウメモドキ
他の木に巻きついた蔓
千葉県習志野市、緑地
2020.7.31
ツルウメモドキ
雄花
千葉県勝浦市、山地
2012.5.19
ツルウメモドキ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
ツルウメモドキ
雌花
千葉県習志野市、緑地
2019.5.7
ツルウメモドキ
雌花
東京都中野区、遊歩道
2008.4.25
ツルウメモドキ
果実
千葉県習志野市、緑地
2016.10.16
ツルウメモドキ
果実
千葉県習志野市、緑地
2020.12.7
ツルウメモドキ
果実
千葉県習志野市、緑地
2018.11.30
TOPへ戻る