TOPへ戻る
最終更新日:2021.3.1
名称

エクメア・ガモセパラ

ブルーシャンデリア
英名
Matchstick plant
学名
Aechmea gamosepala
名の由来
Matchstick plant」は、苞と花の様子がマッチ棒のようなので。
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:15~30cm/葉身長:20〜35cm/花序長:8~12cm
形態
自生地では樹木の幹などに着生して育つ。剣状で軟質、明緑色の葉が螺旋状につき、中央部が筒状になったロゼットを形成して筒の中に貯水し、養水分を葉から吸収する。葉には、細かな棘状の鋸歯がある。冬にロゼットの中心から花茎を伸ばし、円柱形の花序を作る。ピンク色の筒状の苞の先端に、薄青紫色の花を咲かせる。
品種
斑入り葉の品種がある。
原産地
ブラジル南部
エクメア・ガモセパラ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2007.1.11
エクメア・ガモセパラ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2007.1.11
TOPへ戻る