TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.17
名称

ヨウラクツツアナナス(瓔珞筒アナナス)

ビルベルギア・ヌータンス
英名
Queen’s tears
学名
Billbergia nutans
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:30~40cm/花径:1.5cm
形態
自然状態では、多くは木の幹に着生して育つ。葉は剣状で、細かな鋸歯があり、叢生する。葉の表面は濃緑色で、裏面は白粉状の鱗片を密生する。冬〜春頃、株の中心部からピンク色の苞がついた花茎が伸び、先端は枝垂れて、管状の花数個を咲かせる。花は、萼はピンク色で縁が青紫色、3枚の花弁は黄緑色で縁が青紫色で外側に反り返る。雄しべ、雌しべが長くつき出し、葯は黄色。
原産地
ブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチン
生育
日光を好むが、夏場は半日陰で。乾燥には強いが、葉に噴霧するといい。耐寒温度は-3℃程度。
利用
鉢植え。
ヨウラクツツアナナス
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、屋内、鉢植え
2015.1.10
ヨウラクツツアナナス
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、屋内、鉢植え
2015.1.10
ヨウラクツツアナナス
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、屋内、鉢植え
2015.1.10
TOPへ戻る