TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.17
名称

チユウキンレン(地湧金蓮)(チヨウキンレン)

ムセラ・ラシオカルパ
英名
Chinese yellow banana
学名
Musella lasiocarpa
名の由来
「地湧金蓮」は、葉が無い状態で地面から金色の蓮の花が湧いてきたように見えることから。
性状
多年草/冬季落葉
大きさ
高さ:60~100cm/葉長:60~120cm/花序径:20~30cm
形態
葉鞘が重なり合った偽茎が直立する。葉は大型の楕円形。春~秋にかけて、偽茎の先端に黄色い苞葉を何枚も重ね、苞葉の間に同色の筒状の花を上向きに咲かせる。開花期間は長く、200日を越える。果実は偽果で中に小さな種子が入る。
原産地
中国雲南省の高地
生育
耐寒温度は−10℃程度。強健で栽培容易。
利用
庭植え、鉢植え。
チユウキンレン
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
チユウキンレン
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
チユウキンレン
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
チユウキンレン
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
NOTE
TOPへ戻る