TOPへ戻る
最終更新日:2016.9.15
名称

ハス(蓮)

レンコン(蓮根)
ハスネ(蓮根)
ハチス(蜂巣)
英名
Lotus, East indian lotus
学名
Nelumbo nucifera
性状
多年草/冬季落葉/水生(挺水)/球根(塊根)
大きさ
高さ:20~100cm/葉長:20~50cm/花径:70~300mm/種子長:15~20mm
形態
根茎は肥厚し、放射状に7〜10個の穴があり、くびれた節から葉や根が出る。葉は円形で、上面に毛が密生し、撥水性があり、長い葉柄が盾状につく。葉柄には固い棘状の突起があり、内部には4個の穴がある。4月頃、新芽を出し、生育初期には水面に浮く浮葉になり、その葉はずっと浮いたままで過ごす。その後水面から上に立ち上がる立葉が出てくる。7~8月頃、長い花柄の先端に白〜桃色の花を1個咲かせる。花柄には固い棘状の突起があり、内部には7~8個の穴がある。花弁はスプーン状に湾曲し、花の中央部には数個の穴がある花托があり、その周囲には黄色い雄しべが多数ある。花は3日間ほど早朝に開き、昼頃閉じる開閉運動を繰り返し、4日目には花弁は脱落し、花托と雌しべが残る。果実は楕円球形の石果で、花托に理没したまま黒っぽく熟す。
品種
小型~大型と、園芸品種が数多くある。花色は紅、紅紫、白、黄など。花弁は一重咲き15~16枚、半八重咲き18~25枚、八重咲き30~200枚程度。観賞用の品種の他に、食用の品種も多数ある。
原産地
熱帯~温帯アジア、オーストラリア北部
生育
肥沃な田土に植える。「スイレン」と異なり、水を張ることの出来る容器に、直接土を入れて栽培を行う。小型種で直径30cm、中型種で40cm、大型種で50cm程度の大きさの鉢が必要。なるべく長時間、直射日光に当たるようにする。耐寒性が高い。
利用
池などに地植え、睡蓮鉢栽培。果実は花材として利用される。蓮根、未熟な種子は食用になる。
ハス
東京都台東区、上野公園、不忍池
2014.7.28
ハス
東京都台東区、上野公園、不忍池
2014.7.28
ハス
東京都台東区、上野公園、不忍池
2014.7.28
ハス
東京都新宿区、新宿御苑、池
2005.8.9
ハス
東京都台東区、上野公園、不忍池
2014.7.28
ハス
東京都新宿区、新宿御苑、池
2005.7.3
ハス
果実(未熟)
東京都台東区、上野公園、不忍池
2014.7.28
ハス
果実
東京都新宿区、新宿御苑、池
2005.9.11

品種

名称

大賀蓮(おおがはす)

特徴
1951年、千葉市検見川町にある東京大学検見川農場内を発掘した際に、2000年前の泥炭層から発見された「ハス」の種が大賀一郎博士によって栽培されたもの。
ハス・大賀蓮
千葉県千葉市、千葉公園、池
2016.6.11
ハス・大賀蓮
千葉県千葉市、千葉公園、池
2016.6.11
ハス・大賀蓮
千葉県千葉市、千葉公園、池
2016.6.11
ハス・大賀蓮
千葉県千葉市、千葉公園、池
2016.6.11
特徴
小型。一重咲き。桃色。
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2014.7.21
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2014.7.21
ハス
果実
千葉県習志野市、自宅、水槽
2014.8.2
名称

黄陽(きよう)

特徴
中型。一重咲き。淡黄色の爪紅、花弁にピンク色の縦筋が入る。
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.6
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.28
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.6
ハス
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.7
ハス
果実(未熟)
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.8
ハス
果実(未熟)
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.7.28
ハス
果実
千葉県習志野市、自宅、水槽
2016.8.1
NOTE
TOPへ戻る