TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.24
名称

ワレモコウ ‘ピンクタンナ’

学名
Sanguisorba ‘Pink Tanna’
性状
多年草/冬季落葉
大きさ
高さ:0.6~1m/葉長:2.5~4cm/花序長:2~3cm
形態
地下には太い根茎があり、4~5月に長い柄のある根生葉を出す。7~8月頃、茎を伸ばして、茎生葉をつけ、先端に長倒卵形の穂状花序を形成する。葉は5~11の小葉からなる羽状複葉で、小葉は細長い楕円形で鋸歯がある。葉は上部のものほど小葉の数が少ない。花は上部から咲き始め、花弁はなく萼片が4枚で、ピンク色の雄しべが萼片から長く突き出す。
原産地
園芸品種
生育
強健で栽培容易。
利用
庭植え、鉢植え、切花。
ワレモコウ ‘ピンクタンナ’
千葉県習志野市、住宅
2007.7.1
TOPへ戻る