TOPへ戻る
最終更新日:2012.12.10
名称

ナンキンナナカマド(南京七竈)

コバノナナカマド(小葉の七竈)
学名
Sorbus gracilis
名の由来
「ナンキンナナカマド」の「ナンキン」は中国の南京のことではなく、小さいものや愛らしいものにつける接頭語で、原産地は日本。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~3m/小葉長:2~2.5cm/花径:10mm/果径:6~8mm
形態
幹は細い。樹皮は暗灰色。葉は、長楕円形の小葉7~9枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は表面が灰緑色、裏面は粉白緑色で、先端半分にごく浅い鋸歯がある。葉柄の基部には大きな托葉がある。5月頃、枝先に複散房状花序を出し、帯黄白色の花をつける。果実は梨状果で、先端に萼片が残る。9~10月頃、赤く熟す。
原産地
日本(本州の関東以西、四国、九州)
生育
日当りの良い山地の林縁などに自生する。
ナンキンナナカマド
葉と花
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.26
TOPへ戻る