TOPへ戻る
最終更新日:2016.9.1
名称

ローソンヒノキ(ローソン檜)

英名
Ginger pine, Lawson cypress, Oregon cedar, Port orford cedar, White cedar
学名
Chamaecyparis lawsoniana
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:30~50m/果長:10mm
形態
幹は直立し、樹形は円錐形になる。樹皮は灰褐色で縦に長く裂ける。側枝は水平または斜上で、小枝が下垂する。葉は「サワラ」に似た鱗葉。球果は卵形。
品種
園芸品種が多数ある。
原産地
北アメリカ西部
生育
夏の高温多湿条件下に弱い。
利用
公園樹、街路樹、庭園樹、庭木、鉢植え。
ローソンヒノキ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ローソンヒノキ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ローソンヒノキ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
ローソンヒノキ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18

品種

名称

エルウッディー‘Ellwoodii’

特徴
樹高は4~8m。葉は青緑色の針葉で柔らかい。
ローソンヒノキ ‘エルウッディー’
千葉県習志野市、集合住宅
2016.4.9
ローソンヒノキ ‘エルウッディー’
千葉県習志野市、集合住宅
2016.4.9
ローソンヒノキ ‘エルウッディー’
千葉県習志野市、集合住宅
2016.4.9
TOPへ戻る