TOPへ戻る
最終更新日:2011.8.2
名称

フッケンヒバ(福建檜葉)

ラオスヒノキ(ラオス檜)
学名
Fokienia hodginsii
名の由来
「フッケンヒバ」は、中国福建省で発見されたことから。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:20~30m/果長:1.5~2.5cm
形態
樹皮は灰褐色で、薄く縦にはがれる。葉は「アスナロ」に似るが、より厚くて幅が広い。葉裏に白色の気孔線が目立つ。果実は球形の球果で開花の翌年の10~11月に熟す。
原産地
ラオス、ベトナム、中国
利用
材は、建築材、家具材として利用される。
フッケンヒバ
東京都文京区、小石川植物園
2009.3.11
フッケンヒバ
葉の裏側(上)と表側(下)
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.15
TOPへ戻る