TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.1
名称

センニチコウ(千日紅) ‘ファイヤーワークス’

学名
Gomphrena ‘Fireworks’
性状
多年草
大きさ
高さ:30~60cm/葉長:2~6cm/頭状花径:2~3cm
形態
茎は細く、よく分枝する。葉は全縁で先が尖った長楕円形で、対生する。7~11月頃、茎先に長い花茎を出し、頭花を1~2個つける。頭花は多くの細長い小花が箒のように集まり、鮮やかな濃いピンクの小苞から、小さい鮮黄色の5弁花が突き出て、花火のようなにぎやかな色合いになる。
原産地
園芸品種
生育
強健で栽培容易。高温乾燥に強い。日当たりのよい場所で。寒さにもやや強いので、寒冷地でなければ越冬可能。
利用
花壇植え、鉢植え、切花、ブーケ、ドライフラワー
センニチコウ ‘ファイヤーワークス’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.9.10
センニチコウ ‘ファイヤーワークス’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.9.13
センニチコウ ‘ファイヤーワークス’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.9.13
センニチコウ ‘ファイヤーワークス’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.9.13
TOPへ戻る