TOPへ戻る
最終更新日:2020.11.1
名称

セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)

クレオメ
タレナヤ・ハスレリアナ
英名
Spider flower
学名
Tarenaya hassleriana
Cleome hassleriana
Cleome spinosa
名の由来
Spider flower」は、花の形が蜘蛛に似ているところから。
「クレオメ」は、旧属名。
性状
一年草(春~秋)
大きさ
高さ:80~120cm/葉柄長:3〜8cm/小葉長:3〜12cm/花序長:5〜30cm/花径:30~40mm/果長:4〜8cm
形態
茎は直立し、やや分枝する。茎や葉柄には一面に腺毛が生える。葉は小葉5〜7枚からなる掌状複葉で、長い葉柄があり、互生する。葉柄には棘が散生し、基部には棘状の托葉がある。小葉は先が細く尖った長楕円形。6~9月頃、茎頂に総状花序を作り、4弁花を下から順に咲かせる。花弁はさじ形で、先端は倒卵形で、基部は線形。萼片は線状披針形で4個。雄しべ4本が長く突き出る。花柄は長く、基部には先が尖った卵形の苞葉がある。蕾は濃ピンク色で、花が咲くと淡い色に、さらに時間が経過するとほぼ白色に変化する。夕方から咲き、翌日にはしぼむ1日花。種子は細長い蒴果で、果柄は花期より長く伸びる。熟すと果皮が2裂する。
品種
花色は薄桃、薄紫、白など。矮性種もある。
原産地
南アメリカ、西インド諸島
生育
暑さと乾燥に非常に強い。移植を嫌う。丈が高く、倒伏しやすい。
利用
花壇。
 
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
クレオメ
千葉県船橋市、クリニック前花壇
2020.10.27
写真提供:寺島里花
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
クレオメ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
クレオメ
千葉県習志野市、公園
2014.7.5
クレオメ
千葉県船橋市、クリニック前花壇
2020.10.27
写真提供:寺島里花
クレオメ
果実
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
NOTE
TOPへ戻る