TOPへ戻る
最終更新日:2014.1.6
名称

アエオニウム・スパスラツム

アエオニウム・仙童唱(せんどうしょう)
学名
Aeonium spathulatum
性状
多年草/常緑/多肉性
大きさ
高さ:30~60cm/葉のロゼット径:2~3cm
形態
太い肉質の茎が叢生し、分枝する。秋~翌春が生育期で、茎頂に明緑色の葉がロゼット状にまとまる。春に一部の茎を長く伸ばして先端に総状花序を作り、黄色の花を咲かせる。開花後、開花した枝が枯れる。夏季に休眠期になり、古い葉は枯れ、ボール状に丸まった新葉の状態で夏越しする。夏の新葉にはえんじ色の斑が入る。
原産地
カナリー諸島
生育
丈夫で、管理は容易。暑さにやや弱い。
利用
鉢植え。
アエオニウム・スパスラツム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.5.12
アエオニウム・スパスラツム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.5.3
アエオニウム・スパスラツム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.5.12
アエオニウム・スパスラツム
花後、古い葉は枯れ、新葉が丸く出てくる
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.5.31
アエオニウム・スパスラツム
夏の姿
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.8.5
アエオニウム・スパスラツム
冬の姿
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.2.24
TOPへ戻る