TOPへ戻る
最終更新日:2010.1.18
名称

クラッスラ・エロスラ

学名
Crassula erosula
性状
多年草/常緑/多肉性
大きさ
高さ:20~30cm/花径:3~4mm
形態
葉は肉厚で、黄緑色の卵形~披針形。基部はロゼット状で、夏には茎が伸びて立ち上がり、秋に葉柄に白い花が咲く。冬には茎が倒れ、紅葉した子株ができる。
原産地
南アフリカ

品種

名称

火祭り(ひまつり)‘Campfire’

特徴
冬場の赤い子株が観賞用に流通する。
クラッスラ・エロスラ ‘ヒマツリ’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.7.30
クラッスラ・エロスラ ‘ヒマツリ’
花が咲いている
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.9.13
クラッスラ・エロスラ ‘ヒマツリ’
紅葉
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.1.2
クラッスラ・エロスラ ‘ヒマツリ’
紅葉
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.3.11
クラッスラ・エロスラ ‘ヒマツリ’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.9.13
TOPへ戻る