TOPへ戻る
最終更新日:2016.8.15
名称

クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス

学名
Crassula pellucida subsp. marginalis
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:5~10cm/葉長:0.5~1cm/花径:3~4mm
形態
地面を匍匐してマット状に群生する。葉は緑色でエッジが赤味がかり、先の尖った卵形で、対生する。花はオフホワイト〜ピンクがかった白の5弁花。
品種
斑入り葉のものや、季節により葉色が臙脂色になる品種などがある。
原産地
南アフリカ
生育
日当たり、排水のよい場所を好む。
利用
鉢植え、グラウンドカバー。

品種

名称

ヴァリエガタ‘Variegata’

特徴
葉の外側にクリーム色の覆輪が入り、さらに細く赤い縁取りがある。
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.4.22
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.4.22
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.6.1
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.14
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.18
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.14
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.7.21
クラッスラ・ペルシダ・マルギナリス ‘ヴァリエガタ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.18
NOTE
TOPへ戻る