TOPへ戻る
最終更新日:2013.1.6
名称

グラプトペタルム・パラグアイエンセ

グラプトペタルム・朧月(おぼろづき)
英名
Ghost plant, Mother of pearl plant
学名
Graptopetalum paraguayense
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:15~25cm/葉長:4~6cm/花径:10~15mm
形態
太い茎を伸ばし、立ち上がるが、次第に倒れて匍匐、下垂して広がる。茎の先端に、先の尖った匙状の、やや角ばった多肉葉を螺旋状に互生する。葉は粉っぽい灰緑色で、やや赤味を帯びることもある。5月頃花茎を伸ばし、白色の5弁花を5~10個つける。花弁は披針形で先は鋭く尖る。
品種
園芸品種がある。
原産地
メキシコ
生育
強健で栽培容易。関東以西では露地で越冬可能。繁殖は葉挿し。
利用
庭植え、鉢植え。葉は栄養価の高い新顔野菜として、「グラパラリーフ」の名で食用にされる。
グラプトペタルム・パラグアイエンセ
千葉県習志野市、住宅
2008.5.17
グラプトペタルム・パラグアイエンセ
千葉県習志野市、住宅
2008.5.17
グラプトペタルム・パラグアイエンセ
千葉県習志野市、住宅
2008.5.17
NOTE
TOPへ戻る