TOPへ戻る
最終更新日:2009.2.26
名称

テーダマツ(テーダ松)

タエダマツ(タエダ松)
英名
Loblolly pine
学名
Pinus taeda
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:10~30m/葉長:10~20cm/果長:7~15cm
形態
樹皮は赤褐色で縦に深い裂け目ができ、鱗片状に剥がれる。葉は針状で、3本が対になった三葉松。球果の鱗片の先端に鋭い棘があり、種子は菱形で長い翼がある。
原産地
北アメリカ東南部
成育
湿地を好む。
利用
庭園樹、公園樹。材は、建築材、器具材、船舶材、土用材、パルプ材に利用される。
テーダマツ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
テーダマツ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
テーダマツ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
テーダマツ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
テーダマツ
枝葉
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
TOPへ戻る