最終更新日:2008.9.15
名称

ムレスズメ(群雀)

カラガナ
英名
Chinese pea shrub
学名
Caragana sinica
Caragana chamlagu
分類
Fabaceae (Leguminosae)
Caragana(カラガナ)
名の由来
「ムレスズメ」は、枝にたくさんの花が下向きに咲く様子がスズメが群れてとまっているのに似ているところから。
「カラガナ」は、属名で、自生地ではムレスズメ属の総称だが、日本では「ムレスズメ」を指す。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2m/葉長:2~2.5cm/花長:25mm
形態
株元から株立ち状に分枝する。枝には稜角があり、各節に棘になった托葉が2個ずつつく。葉は小葉2対の偶数羽状複葉で互生する。4月頃、葉腋に黄色い蝶形花を咲かせる。花は咲き進むと次第に赤味を帯びる。
原産地
中国
生育
強健で栽培容易。日当たりを好む。痩せ地でも生育する。
利用
庭木、盆栽、花材。
ムレスズメ
花が咲いている
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
ムレスズメ
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ムレスズメ
葉と棘
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ムレスズメ
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
NOTE
ページ top