TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.21
名称

キングサリ(金鎖)

ゴールデンチェーン
キバナフジ(黄花藤)
英名
Golden chain, Golden rain
学名
Laburnum anagyroides
名の由来
「キングサリ」は、「Golden chain」の和訳。黄色い花がチェーンのように垂れ下がることから。
性状
低木~小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:3~10m/花序長:20~30cm/花径:20mm
形態
幹は直立するが、やや軟弱。樹皮は暗灰色で、浅い割れ目がある。葉は三出複葉で、互生する。小葉は全縁の楕円形。5~6月頃、総状花序を下垂させ、鮮黄色の蝶形花を咲かせる。果実は豆果。
品種
ヨーロッパには園芸品種がいろいろあるようだ。
原産地
ヨーロッパ中南部
生育
冷涼な気候を好む。耐寒性は強い。高温多湿に弱いが夏の乾燥にも弱い。枝が軟弱で、アーチなどに誘引して整えられる。
利用
庭木、生垣、アーチ。有毒。
キングサリ
千葉県習志野市、住宅
2015.5.23
キングサリ
千葉県習志野市、住宅
2013.5.6
キングサリ
千葉県習志野市、住宅
2013.5.6
キングサリ
千葉県習志野市、住宅
2013.5.6
TOPへ戻る