TOPへ戻る
最終更新日:2015.12.1
名称

ブンタン(文旦)

ボンタン
ザボン(朱欒、香欒)
英名
Pummelo, Shaddock
学名
Citrus maxima
Citrus grandis
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~3m/葉長:10~15cm/花径:30~35mm/果径:15~25cm
形態
樹形は直立性でよく分枝し、枝に棘はない。 葉は、楕円状披針形で、葉先に浅い鋸歯があり、互生し、葉柄には翼がある。5~6月に、葉腋に白色の4~5弁花をつける。果実は液果で球形、扁球形、洋梨形、卵形など、品種によっていろいろある。果皮が非常に厚く、果肉は果汁が少ない。収穫期は年末頃だが、3ヶ月ほど貯蔵して酸が抜けてから出荷される。
品種
日本で生産されている主な品種は、熊本県八代市地区特産の「晩白柚(ばんぺいゆ)」、長崎県特産の「平戸文旦(ひらどぶんたん)」、鹿児島県阿久根地方の特産の「阿久根文旦(あくねぶんたん)」、高知県特産の「土佐文旦(とさぶんたん)」や「水晶文旦(すいしょうぶんたん)」、熊本市で発見され、熊本県と愛媛県特産の「河内晩柑(かわちばんかん)」など。
原産地
マレー半島、インドネシア
生育
寒さに弱く、日本では四国、九州南部で生産されている。
利用
果樹。果実は生食できる。果皮はマーマレードや砂糖漬けなどに加工して食用になる。
ブンタン
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.1.7
ブンタン
千葉県千葉市、住宅
2015.11.24
ブンタン
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.1.7
ブンタン
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.3.23
NOTE
TOPへ戻る