TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

コブシ(辛夷)

英名
Kobus magnolia
学名
Magnolia kobus
Magnolia praecocissima
名の由来
「コブシ」は、蕾の姿、あるいは果実の形が、挙に似ているところから。
「辛夷」は、中国名では「モクレン」のこと。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:10~20m/葉長:9~17cm/花径:60~100mm/果長:5~10cm
形態
樹形は広円錐形。樹皮は灰色で割れ目がない。葉は倒卵形で幅が広く、先端に近い場所で最も広い。互生し、全縁で少し波打つ。3~4月頃、葉の展開に先だって枝先に芳香ある白色の花を咲かせる。花は6枚の花弁と、花弁のように見える3枚の萼片との、9個の花被片からなり、花弁はやや丸みを帯びていて、基部は桃色を帯びる。花のすぐ下に葉が1枚付く。9~10月頃熟す果実は袋果が集まった集合果で、瘤のある不規則な赤い長楕円形。熟すと裂開して朱色の種子を出す。
品種
同属内での交配品種がたくさんある。
原産地
日本(北海道~九州、主に太平洋側)、朝鮮南部
生育
日照を好み、土質はあまり選ばない。
利用
庭木、公園樹、盆栽。材は器具、建築。蕾は鎮静、鎮痛剤。花は香水の原料。樹皮、枝葉からはコブシ油を採る。
コブシ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.2.19
コブシ
東京都新宿区、戸山公園
2007.3.27
コブシ
千葉県習志野市、公園
2015.3.30
コブシ
千葉県習志野市、公園
2016.6.10
コブシ
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
コブシ
東京都新宿区、戸山公園
2007.3.27
コブシ
千葉県習志野市、公園
2015.3.30
コブシ
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
コブシ
千葉県習志野市、緑地
2007.9.22
コブシ
千葉県習志野市、公園
2016.6.10
コブシ
千葉県習志野市、公園
2016.6.10
コブシ
東京都新宿区、戸山公園
2007.3.6
コブシ
東京都新宿区、戸山公園
2007.3.14
コブシ
東京都新宿区、戸山公園
2007.3.14
コブシ
果実
千葉県習志野市、緑地
2007.9.22
NOTE
TOPへ戻る