TOPへ戻る
最終更新日:2016.6.13
名称

シラン(紫蘭)

英名
Hyacinth Orchid
学名
Bletilla striata
名の由来
「シラン」は、その花色による。
性状
多年草/冬季落葉
大きさ
高さ:30~70cm/葉長:20~30cm/花長:30mm
形態
地中浅くに、偏平球形の茎(偽球茎)を連ねる。葉は広披針形で平行脈が何本もあり、全縁で、根生する。4~5月頃、花茎を伸ばして、総状花序を作り、紅紫色の花を5~7個ほど咲かせる。花被片5が半開し、唇弁の先にひだがよる。果実は紡錘形の蒴果。
品種
花色が薄青紫、桃色、白、白で唇弁の先端が紅色などのものがある。斑入り葉のものがある。
原産地
日本(本州~沖縄)、台湾、中国
生育
日当たりの良い湿った斜面に自生する。栽培はきわめて容易。半日陰で湿り気のある場所で。繁殖は株分けによる。
利用
庭植え、鉢植え。偽球茎は漢方、民間薬として使われる。
シラン
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
シラン
千葉県習志野市、公園
2013.5.3
シラン
千葉県習志野市、公園
2012.5.7
シラン
黄葉
東京都新宿区、緑地帯
2005.11.30
シラン
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6

品種

名称

青花紫蘭(あおばなしらん)

学名
Bletilla striata var. coerulea
特徴
花色が薄青紫。
シラン
東京都新宿区、住宅
2005.5.15
名称

白花紫蘭(しろばなしらん)

学名
Bletilla striata f. gebina
特徴
花色が白。
シラン
千葉県習志野市、公園
2013.5.3
名称

口紅紫蘭(くちべにしらん)

特徴
花色が白で、唇弁の先端が紅色。
シラン
東京都新宿区、住宅
2005.5.10
シラン
千葉県習志野市、公園
2012.5.17
特徴
花色が白で、葉に斑が入る。
シラン
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.5.16
シラン
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.13
NOTE
TOPへ戻る