TOPへ戻る
最終更新日:2020.10.1
名称

ペチュニア

ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)
英名
Petunia
学名
Petunia x hybrida
名の由来
「ペチュニア」は、ブラジル語で“たばこ”を意味する“ペテュム”から。葉が「タバコ」の葉に似ているところから。
性状
多年草/立性と匍匐性がある
大きさ
高さ:20~40cm/葉身長:3~6cm/花径:30~100mm/果径:0.6~1cm
形態
全体が粘り気のある細毛に覆われる。茎はよく分枝し、やや横に広がる。葉は全縁の先が尖った長楕円形〜卵形で、互生と対生が混ざる。4~10月頃、葉腋から花を咲かせる。花は漏斗形で、花冠は5浅裂する。
類似
「ペチュニア」は全体が粘り気のある細毛に覆われる。花は大きく、葉も大きく横幅がある。
「カリブラコア」は葉や茎に粘り気は無い。小輪多花性で、葉も小さく細長い。
品種
立性と匍匐性がある。花色は赤、桃、青、紫、白など多彩。覆輪、星形、白絞りなどもあり、八重咲きもある。
カリブラコア属とペチュニア属との交配種「ペトコア属 Petchoa」も作り出されている。
原産地
種間交雑の園芸品種。
交配親は「ペチュニア・アクシラリア Petunia axilaris」〔南アメリカ原産〕や「ペチュニア・インテグリフォリア Petunia integrifolia」〔南アメリカ原産〕、「ペチュニア・インフラータ Petunia inflata」〔南アメリカ原産〕など。
生育
強健で栽培容易。日当たりを好み、長雨に弱い。花後、結実すると株が弱るので、花がら摘みをマメにする。
利用
花壇植え、鉢植え。
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2010.7.10
ペチュニア
千葉県八千代市、京成バラ園
2018.6.25
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2020.7.11
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.7.16
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.7.13
ペチュニア
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2006.6.22
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2014.7.5
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2014.7.5
ペチュニア
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2017.7.13
ペチュニア
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2017.5.22 170522_005

品種

特徴
八重咲き。
ペチュニア
東京都新宿区、戸山公園
2010.5.31_015
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.7.13
ペチュニア
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2007.6.10
ペチュニア
‘ファントム’
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ、鉢植え
2012.3.23
ペチュニア
‘ホマレ(穂希)’
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ、鉢植え
2012.3.23
ペチュニア
‘マサキ(真輝)’
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ、鉢植え
2012.3.23
NOTE
TOPへ戻る