TOPへ戻る
 
2021年5月1日 更新
ラヌギノーサ系のクレマティス‘白雪姫’。弱剪定のはずなのだが、去年の夏に思い切りよく刈り込んだら秋に返り咲いた上に、例年よりも花数が増えた。
2021年5月1日
2021年4月15日 更新
丸っこい花が風鈴のように吊り下がって咲くゲウム・リヴァレ。錆たような萼と花弁の色も相まってしっとりと風情ある雰囲気。
2021年4月15日
2021年4月1日 更新
キバナオドリコソウが花をつけて立ち上がった。寒い頃の褐色に染まった葉色もいいが、明緑色になってくると暖かさを感じる。
2021年4月1日
2021年3月15日 更新
コブシの花の後ろ姿。花の付け根には小さな葉っぱが1枚ひらり。
2021年3月15日
2021年3月1日 更新
木立性セネシオにミニサイズの品種‘フルーエトワール・シリーズ’ができた。コンパクトでドーム形にまとまる割に、大好きな濃緑の葉がしっかりと見えて嬉しい。
2021年3月1日
2021年2月15日 更新
クロッカスが咲き出すと、もう気分は春。曇天の日は花が開かないけど、それでも暖か味が伝わってくる風景だ。
2021年2月15日
2021年2月1日 更新
極寒の季節に満開になる、シクラメン・コウム。
2021年2月1日
2021年1月15日 更新
サルココッカ・コンフーサの葉の下を覗き込むとツヤツヤの黒い実。他の枝には蕾がついて、2月になると花と果実が共演する。
2021年1月15日
2021年1月1日 更新
冬の澄んだ青空の中では、葉のない落葉樹の枝がことさら美しく見える。果実だけが落ちずに残っているネムノキ。
2021年1月1日
2020年12月15日 更新
2020年12月15日/くるくる模様に魅せられる、オキザリス・バーシカラー。
2020年12月1日 更新
2020年12月1日/原種水仙、ナルキサス・カンタブリカスは晩秋に花開く。
2020年11月15日 更新
2020年11月14日/赤い実がよく目につく季節。コトネアスターも色鮮やか。
2020年11月1日 更新
2020年10月27日/最近、西洋風蝶草は落ち着いた印象の品種が増えた。
写真提供:寺島里花
2020年10月15日 更新
2020年10月14日/ミューレンベルギア・カピラリスの穂が、夕日にきらきら。
2020年10月1日 更新
2020年9月30日/秋の日差しの中、妖艶な彼岸花の赤から目が離せなくなる。
2020年9月15日 更新
2020年9月15日/サルビア ‘ファイヤーセンセーション’は秋の気配によく馴染む。
2020年9月1日 更新
2020年8月31日/池に菱の花。真ん中に白い清楚な花がひとつ。
2020年8月15日 更新
2020年8月14日/ホテイアオイが一斉に咲いた。でも花は一日の命。
2020年8月1日 更新
センニンソウ属全般を更新し、園芸分類を整理しました。
2020年8月1日/クマンバチはサルビア・グアラニティカの花がお気に入り。
2020年7月15日 更新
2020年7月/公園のアガパンサスが満開
この度サイトの大改訂をし、植物写真鑑のみとなりました。
古臭いフレーム仕様を廃止し、検索をしやすく改良、また、学名のラテン語読みの見直しをしました。
写真提供もいただいておりますが、提供者の敬称は略させていただきます。
2020年7月15日
このサイトの制作者および管理者は、ぞえぞえです。
このサイトへのリンク、ご指摘、画像等の使用については、
下記アドレスまでお知らせください。