TOPへ戻る
最終更新日:2021.1.15
名称

チャボマサキ(矮鶏柾、矮鶏正木)

ヒメマサキ(姫柾、姫正木)
マサキ(柾、正木)〈不明種〉
学名
Euonymus japonicus (- 以下不明)
性状
小低木~低木/常緑
大きさ
高さ:0.2~2m/葉身長:1~2.5cm
形態
樹形は株立ち状、または下部から多数分枝する。枝は垂直方向に出やすい。葉は光沢がある厚い角質で、先は丸いかやや尖り、長楕円形で、細かい鋸歯があり、短い葉柄があり、対生する。
類似
「マサキ(柾、正木)Euonymus japonicus」に比べると、全体に小型で、葉は小さく、細長い。
品種
葉に様々な斑が入る園芸品種がある。
生育
日当たりを好むが半日陰でも良く育つ。刈り込みに耐える。繁殖は挿し木。成長は遅い。
利用
庭木、観葉、鉢植え。
チャボマサキ
千葉県船橋市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1

品種

[斑入り葉]
チャボマサキ
千葉県船橋市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
チャボマサキ
東京都新宿区、集合住宅、ハンギングバスケット
2008.5.16
チャボマサキ
千葉県習志野市、自宅
2012.8.2
NOTE
TOPへ戻る