TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.1
名称

キササゲ(木大角豆)

アズサ(梓)
英名
Chinese catalpa, Yellow catalpa
学名
Catalpa ovata
名の由来
「キササゲ」は、「ササゲ」のような長い実をつける木ということから。
性状
小高木~高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~12m/葉身長:10~25cm/葉幅:7~20cm/葉柄長:5~20cm/花序長:10~25cm/花径:25mm/果長:30〜40cm
形態
樹皮は灰褐色で、縦に浅くひび割れる。葉は先が尖った広卵形〜ハート形で、ごく浅く3〜5裂するものもあり、全縁で、長い葉柄があり、対生または3輪生する。葉身の基部には、濃い紫褐色の蜜腺がある。6~7月頃、枝先に円錐状の花序を作り、漏斗形の花を咲かせる。花の先端は5裂して平開し、裂片は丸く、やや唇形になる。花は黄白色で、内側にあずき色の斑点と黄橙色の帯状の模様が入る。果実は細長い紐状の蒴果で、束になって垂れ下る。種子は扁平な長楕円形で両端に長毛がつき、風により散布される。
原産地
中国中南部。日本には古い時代に渡来して帰化。
生育
温暖な河原や谷筋など、やや湿った場所に自生する。
利用
庭木、公園樹、神社仏閣に植栽。葉が落ちて実莢だけになった状態のものを花材として使用。果実は、利尿作用のある民間薬として使用。
キササゲ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
キササゲ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
キササゲ
千葉県千葉市、学校
2016.6.11
キササゲ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
キササゲ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
キササゲ
千葉県千葉市、学校
2016.6.11
キササゲ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
TOPへ戻る