TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.1
名称

ムサ・アクミナタ

マレーヤマバショウ(馬来山芭蕉)
英名
Dwarf banana
学名
Musa acuminata
性状
多年草/常緑/一巡植物/雌雄異花/根茎
大きさ
高さ:3~5m/葉身長:1.5~2m/葉柄長:50〜80cm
形態

茎は地下で横に這い、幹のように見える部分は、葉鞘が巻き重なった偽茎。葉は、大型の長楕円形で、中心の葉脈から垂れ下がる。偽茎の頂部から大型の花序を垂れ下げる。基部には2列に並んだ雌花群が、先端には2列に並んだ雄花群が段状につき、基部から開花する。花は赤紫色の大きな苞で被われており、基部からめくれて、多数の花を順に咲かせる。花後の果実が、一般に知られるバナナになる。 野生種では多数の種子ができる。一度結実すると、枯死するが、株元に子株ができる。

品種
現在の生食用バナナのほとんどは「ムサ・アクミナタ‘キャベンディッシュ’ Musa acuminata ‘Cavendish’」系統。
原産地
中国南部、東アジア
生育
耐寒温度は5〜10℃程度。
利用
原種は食用にならない。ここから改良された栽培品種が食用バナナとして流通する。
TOPへ戻る