TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.1
名称

セダム・スパツリフォリウム

英名
Broadleaf stonecrop
学名
Sedum spathulifolium
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:5〜20cm/葉長:12~20mm/花径:10mm
形態
茎は地面を匍匐して横に広がる。葉は白粉を帯びた灰緑色で、多肉質の倒卵形で、枝先に螺旋状に互生してロゼット状になる。6~7月頃、茎を伸ばして集散花序を作り、黄色い5弁花を咲かせる。花弁は披針形で先は鋭く尖る。冬季には葉が赤味がかる。
原産地
北アメリカ西部
生育
海岸沿いの岩場などに自生する。暑さに弱い。
利用
庭植え、鉢植え。

品種

名称

セダム・スパツリフォリウム‘ケープブランコ’

シラユキミセバヤ(白雪見せばや)
学名
Sedum spathulifolium ‘Cape Blanco’
セダム・スパツリフォリウム‘ケープブランコ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.7.3
セダム・スパツリフォリウム‘ケープブランコ’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2021.5.13
セダム・スパツリフォリウム‘ケープブランコ’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2021.5.15
NOTE
TOPへ戻る