TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.1
名称

ウンゼンマンネングサ(雲仙万年草)

学名
Sedum polytricoides
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:5〜10cm/葉身長:6~10mm/花径:10mm
形態
茎は直立または斜上し、クッション状にまとまる。葉はくすんだ緑色〜赤褐色で、多肉質の披針形で、螺旋状に互生する。5〜6月頃、茎頂に花序を作り、黄色い5弁花を咲かせる。花弁は先が尖った楕円形〜披針形で先は鋭く尖る。
原産地
日本
生育
やや湿り気のある場所に自生。他の品種と違い、乾燥ぎみに育てると弱る。
生育
庭植え、鉢植え。
ウンゼンマンネングサ
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2021.4.3
ウンゼンマンネングサ
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2021.4.26
ウンゼンマンネングサ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.7
ウンゼンマンネングサ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.7
ウンゼンマンネングサ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.7
NOTE
TOPへ戻る