TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.1
名称

コミノネズミモチ(小実鼠黐)

シナイボタ(支那水蝋)
チャイニーズ・プリベット
英名
Chinese privet
学名
Ligustrum sinense
Ligustrum microcarpum var. shakaroense
Ligustrum microcarpum
Ligustrum matudae
Ligustrum sinense var. nitidum
Ligustrum nokoense
性状
低木~小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:2~7m/葉身長:2~7cm/葉柄長:2~8mm/花序長:5〜15cm/花長:6~8mm/果径:5~8mm
形態
樹皮は灰褐色。葉は紙質でやや波打ち、先端は丸みを帯び、卵形〜長楕円形で、全縁で、対生する。若い枝や葉は細かい毛に覆われる。5月頃、1年枝の先に円錐花序を作り、白い花を咲かせる。花冠は4裂して裂片が反り返る。雄しべは2本で花冠から突き出る。葯は赤味がかった薄茶色。花には香りがある。果実はほぼ球形で、10月~翌2月頃に粉っぽい黒紫色に熟す。
類似
ヨウシュイボタ」は葉の先が尖る。雄しべが花冠から突き出ない。
「コミノネズミモチ」は葉の先が丸みを帯びる。雄しべが花冠から突き出る。
品種
斑入り葉や、小型矮性の園芸品種がある。
原産地
中国、台湾、チベット、ベトナム
生育
強健で、繁殖力が強い。各種公害にも強く、刈り込みにも耐える。アメリカやオーストラリアなどでは帰化して環境に悪影響を及ぼしているらしい。
利用
庭木、公園樹、公共緑地、道路分離帯、生け垣。果実は有毒。
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2021.5.18

品種

名称

コミノネズミモチ(小実鼠黐)[斑入り葉]

特徴
斑入り葉。
コミノネズミモチ
東京都新宿区、住宅
2008.5.25
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、住宅
2021.5.20
コミノネズミモチ
千葉県習志野市、緑地
2016.7.8
コミノネズミモチ
東京都新宿区、住宅
2008.5.25
コミノネズミモチ
千葉県千葉市、店舗
2016.5.21
NOTE
TOPへ戻る