TOPへ戻る
最終更新日:2014.7.7
名称

ゼニアオイ(銭葵)

英名
High mallow, French hollyhock
学名
Malva sylvestris var. mauritiana
名の由来
「ゼニアオイ」は、花を銭に見立てたという説と、種子が並んだ果実を銭に見立てたという説がある。
性状
二年草(春~翌年秋)
大きさ
高さ:1~1.5m/葉長:20~50cm(内、葉柄長:10~30cm)/花径:30~40mm
形態
茎は無毛で、直立し、やや分枝する。葉は掌状に5~7浅裂し、鋭鋸歯があり、長い葉柄があり、互生する。6~8月頃、葉腋に5弁花を咲かせる。花弁は薄桃~濃桃色で、紅紫色のはっきりした筋が入る。果実は扁球形の分果で、放射状に12~15個に分かれる。種子は有毛。
類似
ウスベニアオイ」は茎に粗毛が生え、葉の切れ込みが深い。花色は白~薄桃色。種子は無毛。
原産地
ヨーロッパ、温帯アジア
生育
強健で栽培容易。日当たりを好む。移植を嫌う。
利用
庭植え。花、葉、根などは薬用になる。花は乾燥させて、ハーブティーに利用される。
ゼニアオイ
千葉県千葉市、集合住宅
2007.5.26
ゼニアオイ
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
ゼニアオイ
千葉県千葉市、集合住宅
2007.5.26
ゼニアオイ
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
ゼニアオイ
東京都新宿区、公園
2007.5.21
ゼニアオイ
東京都新宿区、公園
2007.5.21
ゼニアオイ
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
NOTE
TOPへ戻る