TOPへ戻る
最終更新日:2012.9.18
名称

ペンタス・ランケオラタ

クササンタンカ(草山丹花)
英名
Egyptian starcluster
学名
Pentas lanceolata
名の由来
「クササンタンカ」は、花が「サンタンカ」に似ていることから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~60cm/葉長:5~8cm/花序径:5~10cm/花径:12~15mm
形態
葉は光沢がある濃緑色で、全縁で、先が尖った長卵形で、対生する。5~10月頃、枝先に散房花序を作り、多数の花を咲かせる。花は筒状花で、先端は5裂し、平開して裂片の先端は尖り、星形になる。
品種
園芸品種が多数ある。花色は紅色、ピンク色、藤色、白色など。
原産地
熱帯アフリカ、マダガスカル
生育
強健で栽培容易。日当り良く。耐寒温度は5℃程度。
利用
花壇植え、鉢植え。
ペンタス・ランケオラタ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2005.9.17
ペンタス・ランケオラタ
東京都新宿区、住宅
2007.8.14
ペンタス・ランケオラタ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.9.9
ペンタス・ランケオラタ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.9.9
ペンタス・ランケオラタ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.9.9
ペンタス・ランケオラタ
千葉県千葉市、公園、鉢植え
2011.11.17
TOPへ戻る