TOPへ戻る
最終更新日:2014.9.11
名称

ズッキーニ

英名
Zucchini, Courgette
学名
Cucurbita pepo
性状
一年草(春~秋)/雌雄異花
大きさ
高さ:30~80cm/葉長:50~70cm/花径:80~100mm/果長:10~20cm
形態
茎はごく短く、長い葉柄の、掌状や羽状に切れ込んだ葉が、互生する。茎や葉には棘がある。6〜8月頃、葉腋に黄色い花を咲かせる。はじめは雄花が咲き、後から雌花が咲く。果実は瓜状果で、大きさも形も色も多様。
品種
ペポカボチャ」の品種のひとつ。主に緑果種と黄果種がある。果実の形は、キュウリ形、洋ナシ型、球形などがある。
原産地
南北アメリカ
生育
水はけ日当たり良く。早朝に人工授粉すると、結実率が高まる。収穫は花が咲いてから4~10日くらい。
利用
未成熟の果実および花が食用になる。

品種

特徴
キュウリ形、緑果種
ズッキーニ
千葉県習志野市、畑
2013.5.12
ズッキーニ
千葉県習志野市、畑
2013.5.12
ズッキーニ
蕾と果実(未熟)
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
特徴
キュウリ形、黄果種
ズッキーニ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
ズッキーニ
蕾と花と果実(未熟)
千葉県千葉市、花の美術館
2012.6.23
TOPへ戻る