TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

クレマティス<園芸分類>│小輪系│カンパネラ系

学名
Clematis spp.
英名
Small-flowered Division / Campanella Group
解説
日本~東南アジアの温暖な地域原産の
「クレマティス・アエツシフォリア Clematis aethusifolia
「クレマティス・アルテルナタ Clematis alternata
「クレマティス・コンナタ Clematis connata
「クレマティス・グレウィーフロラ Clematis grewiiflora
ハンショウヅル(半鐘蔓) Clematis japonica
「クレマティス・レディリアナ Clematis rehderiana
「クレマティス・レペンス Clematis repens
クレマティス・ウロフィラ Clematis urophylla
クレマティス・ユンナネンシス Clematis yunnanensis」など。
また、これらを交配親とした系統。
性状
半木本/常緑、または冬季落葉/蔓性(葉柄による巻きつき)または木立性〜半蔓性
形態
葉は3出複葉、羽状複葉、単葉など。花期は品種によって晩春、夏、秋または冬。新枝咲き、または旧枝咲き。小〜中輪のチューリップ形やベル形で、萼片は4枚。下向き〜横向きに咲く。蕾は下向き。花色は、赤、赤紫、ピンクなど。
TOPへ戻る