最終更新日:2018.5.15
名称

コリウス

ニシキジソ(錦紫蘇)
キンランジソ(金襴紫蘇)
英名
Painted nettle, Coleus
学名
Plectranthus scutellarioides
Solenostemon scutellarioides
Coleus blumei
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Plectranthus(プレクトラントゥス)
名の由来
「コリウス」は、旧属名。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:20~80cm/葉身長:5~15cm/花序長:8~12cm/花長:12~16mm
形態
茎は直立するものと、匍匐して横に広がるものがある。葉は先が尖った卵形で、鋸歯があり、対生する。夏〜秋頃、茎先に穂状花序を作り、唇形花を咲かせる。花は透明感のある紫色。
品種
品種が豊富で、葉色は赤、黄、白など多彩で鮮やかな斑模様があり、葉形も卵円形、フリンジ状、柳葉状と多様。
原産地
アジア、アフリカ、太平洋諸島、オーストラリアの熱帯~亜熱帯
生育
耐寒性がないので園芸的には一年草扱い。強健で栽培容易。明るい日影を好む。夏の強光には葉が傷む。実生で増やすものの他、栄養系という差し芽で増やす種類のものも多い。
利用
花壇、鉢植え観葉、ハンギング、寄せ植えなど。
コリウス
千葉県千葉市、花の美術館、鉢植え
2011.9.18
コリウス
千葉県習志野市、自宅
2011.9.3
コリウス
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.30
コリウス
東京都新宿区、住宅
2005.7.21
コリウス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2007.7.16
コリウス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2007.7.16
コリウス
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
館内、鉢植え
2005.6.11
コリウス
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
館内、鉢植え
2005.6.11
コリウス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2005.9.18
NOTE
ページ top