最終更新日:2018.5.15
名称

アキノタムラソウ(秋の田村草)

学名
Salvia japonica
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Salvia(サルウィア)
性状
多年草
大きさ
高さ:15~50cm/小葉長:2~5cm/花長:10mm
形態
茎は4稜形で、直立する。茎の上部の葉は先が尖った狭卵形で、ゆるい鋸歯があり、対生する。茎の中〜下部の葉は小葉3~7からなる奇数羽状複葉で、対生する。小葉は先が尖った長卵形〜広卵形でゆるい鋸歯がある。7~10月頃、茎頂に、淡紫色の唇形花を輪生させたものを、数段〜十数段穂状に作る。唇形花は先端が褐色の2本の雄しべが目立つ。雄しべは花冠の上唇に沿って斜上し、後に垂れ下がる。
原産地
日本(山形県以西の本州、四国、九州、沖縄)、朝鮮、中国
生育
山地、丘陵地の明るい山中や林縁など、やや日照が制限された場所に自生する。
アキノタムラソウ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
アキノタムラソウ
千葉県勝浦市、山地
2011.8.8
アキノタムラソウ
千葉県勝浦市、山地
2011.8.8
アキノタムラソウ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
アキノタムラソウ
千葉県勝浦市、山地
2011.8.8
アキノタムラソウ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
ページ top