最終更新日:2018.6.1
名称

ラムズイヤー

ワタチョロギ(綿草石蚕)
スタキス・ビザンティナ
英名
Lamb’s ears
学名
Stachys byzantina
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Stachys(スタキス)
名の由来
「ラムズイヤー」は、葉が柔らかい毛に覆われて、子羊の耳のようなので。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:40~80cm/葉身長:5~10cm/葉柄長:0.5~6cm/花序長:10~25cm/花長:10mm
形態
茎と葉は白く長い綿毛に覆われ、手触りは柔らかい。冬季はロゼット状に葉が広がる。葉は厚手の灰緑色で、先がやや尖った楕円形〜長楕円形で、対生する。 6~7月頃、茎を高く直立させ、赤紫色の唇形花を輪生させたものを、数段〜十数段穂状に作る。輪生させた花の下には、先が尖った長楕円形の苞が2枚対生してつく。果実は4分果。
原産地
コーカサス、イラン、トルコ
生育
強健で栽培容易。日当たりがよく、風通しのよい場所を好む。乾燥には強い。
利用
庭植え、鉢植え、切り花、ドライフラワー、リース、ポプリ。
ラムズイヤー
千葉県習志野市、自宅
2014.1.4
ラムズイヤー
千葉県習志野市、自宅
2013.4.22
ラムズイヤー
千葉県習志野市、自宅
2013.6.7
ラムズイヤー
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
ラムズイヤー
千葉県習志野市、自宅
2014.5.28
ラムズイヤー
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
ラムズイヤー
千葉県習志野市、自宅
2014.5.28
ラムズイヤー
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
NOTE
ページ top