TOPへ戻る
最終更新日:2020.11.15
名称

カワラナデシコ(河原撫子)

ヤマトナデシコ(大和撫子)
ナデシコ(撫子)
英名
Superb pink
学名
Dianthus superbus var. longicalycinus
Dianthus superbus
Dianthus superbus subsp. longicalycinus
Dianthus longicalyx
名の由来
「ナデシコ」は、“撫し子”で、可愛い子供の頭をなでる様子を指す。
性状
多年草(短命)/常緑(ロゼット状で越冬)
大きさ
高さ:30~80cm/葉身長:3〜8cm/葉幅:2〜8mm/花径:25mm/萼長:3〜4cm
形態
冬季はロゼット状で、春に茎を立ち上げる。茎は直立して叢生し、まばらに分枝し、節が肥厚する。葉は線状披針形で節部分で対生し、基部は茎を抱く。6月頃と9~10月頃に、茎頂に花序を作り、5弁花をを咲かせる。花は桃色〜白で、花弁先端は糸状に細長く細深裂する。萼は筒状で、先端が5裂し、基部に先の尖った細長い総苞が3~4対ある。果実は円筒形の蒴果で、熟すと先端が4裂する。
類似
「カワラナデシコ」は萼が長い。総苞は3~4対。
エゾカワラナデシコ」は萼が短い。総苞は2対。
品種
花色は白から濃桃までのものがある。
原産地
日本(本州~九州)、中国、朝鮮
生育
山野の日当たりのよい草地、河原、岩場に自生する。日当たり排水良く、やや乾きぎみに育てる。強健で栽培容易だが、短命なので挿し芽や播種による更新が必要。
利用
庭植え、鉢植え。全草と種が、利尿作用がある生薬として用いられる。
カワラナデシコ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.5.16
カワラナデシコ
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
カワラナデシコ
東京都新宿区、公園
2006.6.3
カワラナデシコ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.6.5
カワラナデシコ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.6.5
NOTE
TOPへ戻る