TOPへ戻る
最終更新日:2016.9.1
名称

サンショウバラ(山椒薔薇)

ハコネバラ(箱根薔薇)
学名
Rosa hirtula
Rosa roxburghii var. hirtula
Rosa microphylla
名の由来
「サンショウバラ」は、葉が「サンショウ」に似ているところから。
性状
低木~小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~6m/小葉長:1.5~2cm/花径:50~60mm/果径:2cm
形態
枝には鋭い棘がある。葉は小葉9~19枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が尖った長楕円形で、鋭い鋸歯がある。5~6月に、5弁で淡紅色の花を咲かせる。花後に全体が棘に覆われた果実をつける。果実は10月頃、やや黄味がかった緑色に熟す。
品種
八重咲きの品種がある。
原産地
日本(富士箱根周辺)
生育
日当たりの良い林縁などに自生。
サンショウバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
サンショウバラ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
サンショウバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
サンショウバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
サンショウバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
サンショウバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
サンショウバラ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
TOPへ戻る