TOPへ戻る
最終更新日:2013.2.7
名称

ナルキサス・カンタブリカス

学名
Narcissus cantabricus
性状
多年草/夏季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:15~20cm/花径:25~30mm
形態
針状の葉が束生する。11~2月に、フープペチコートのような白い花を咲かせる。
原産地
地中海沿岸
利用
花壇、鉢植え。植物全体に毒性がある。
ナルキサス・カンタブリカス
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.2.4
ナルキサス・カンタブリカス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.12.6
ナルキサス・カンタブリカス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.12.6
NOTE
TOPへ戻る