TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.14
名称

グラプトベリア ‘ティトゥバンス’

グラプトベリア・白牡丹(しろぼたん、はくぼたん)
学名
x Graptoveria ‘Titubans’
性状
多年草/常緑/多肉性
大きさ
ロゼット径:50~70mm
形態
葉は白粉を帯びた淡緑色で、多肉質で、心形。地際から葉がロゼット状にまとまって出るが、成長すると茎が伸び、葉は茎頂にロゼット状にまとまる。春に花茎を伸ばして、黄色の花を咲かせる。
原産地
属間交雑種。
交配親はグラプトペタルム属の「グラプトペタルム・パラグアイエンセ Graptopetalum paraguayense」〔メキシコ原産〕とエケベリア属の「エケベリア・デレンベルギー Echeveria derenbergii」〔メキシコ原産〕。
生育
強健で栽培容易。関東以西では露地で越冬可能。繁殖は葉挿し。
利用
庭植え、鉢植え。
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.5.15
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.5.8
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.4.2
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.4.2
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.4.26
グラプトベリア ‘ティトゥバンス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.5.15
TOPへ戻る