TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.1
名称

ノウゼンカズラ(凌霄花)

学名
Campsis grandiflora
Campsis chinensis
名の由来
「凌霄花」は、漢名から。“凌=しのぐ”、“霄=空”で、蔓が天空を凌ぐほど高く登るという意味。
grandiflora」は、“花が大きい”の意。
性状
木本/冬季落葉/蔓性(吸着根)
大きさ
小葉葉身長:4~8cm/花径:100~150mm
形態
枝から吸着根を出して、他物によじ登って成長する。繁殖力が強く、地下茎を延ばして増え、木や壁などに沿って10mくらいまで伸びる。葉は小葉5〜13枚程からなる奇数羽状複葉で、対生する。小葉は先が尖った長卵形〜楕円形で、粗い鋸歯がある。6~9月頃、枝先に円錐花序を長く垂れ下げ、幅広い漏斗形の花を咲かせる。花は明るい橙色で、中心部は黄色く、橙色の筋が入る。花の先端は5裂して平開し、裂片は丸い。萼筒は黄緑色で、5裂し、裂片は細く尖る。 果実は細長い棒状の蒴果で、種子は扁平な円形で、両脇に翼がつく。果実はほとんどできない。
類似
「ノウゼンカズラ」は小葉が5〜13枚程。花柄が長く、花序が垂れ下がる。花冠が幅広い。
アメリカノウゼンカズラ」は小葉が7〜17枚程。花柄が短く、花序全体が上〜横向きになる。花冠が細長い。
原産地
中国
生育
成育旺盛で耐暑性も強い。弱光では蕾が落ちるので、強光で管理する。剪定は冬に行い、3~4節残す程度に強く切る。繁殖は挿し木。耐寒温度は-5℃程度。
利用
フェンス、パーゴラ、壁面緑化。
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2013.4.5
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2012.5.3
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、住宅
2015.6.30
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、住宅
2010.7.10
ノウゼンカズラ
東京都新宿区、住宅
2005.9.3
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.7.2
ノウゼンカズラ
吸着根
千葉県習志野市、自宅
2021.6.24 210624_001
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2021.6.24 210624_001
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2013.7.1
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.7.5
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.7.5
ノウゼンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.7.14
NOTE
TOPへ戻る