TOPへ戻る
最終更新日:2021.4.1
名称

ティランジア・カクティコラ

学名
Tillandsia cacticola
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
株径:20~30cm/高さ:30cm
形態
灌木やサボテンの上に着生し、葉から養水分を吸収して育つ。剣状の葉が螺旋状について茎を形成しながら成長する。葉は薄緑色で銀灰色のトリコームに覆われ、剣状で、先端はやや垂れる。株の中心から花茎を伸ばし、先端に紫がかったパステルピンクの苞がついた花序を作り、苞の間から白色の3弁花を咲かせる。花弁の先端は紫色で、外側にカールする。
原産地
ペルー(高山地帯)
生育
高地に自生する。日照を好むが暑さに弱い。
利用
観賞用。
ティランジア・カクティコラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2021.3.3
ティランジア・カクティコラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2012.7.10
ティランジア・カクティコラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2021.3.3
TOPへ戻る