TOPへ戻る
最終更新日:2021.4.1
名称

ティランジア・カプトメデューサエ

学名
Tillandsia caput-medusae
名の由来
caput-medusae」は、“メデューサの頭”の意。曲がりくねった葉の姿から。
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:30~40cm
形態
樹木や岩に着生し、葉から養水分を吸収して育つ。細長くうねりがある葉が伸び広がり、全体は不揃いな箒のようになり、株の基部は壺形に膨れる。葉は緑色で銀灰色のトリコームに覆われ、肉厚で細長いが、基部は幅広くなって、内側に強く丸まって丸紐状になる。株の中心から花茎を伸ばし、先端に花序を作り、鮮やかなピンクの苞の中から、紫色の筒状の花を咲かせる。
原産地
メキシコ、グァテマラ
生育
葉から養水分を吸収するので霧吹きなどで保湿する。比較的水を好み、鉢植え栽培できる。耐寒温度は5℃程度。
利用
観賞用。
ティランジア・カプトメデューサエ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、温室
2021.2.21
ティランジア・カプトメデューサエ
千葉県習志野市、自宅
2012.10.22
ティランジア・カプトメデューサエ
千葉県習志野市、自宅
2013.5.5
ティランジア・カプトメデューサエ
千葉県習志野市、自宅
2013.5.5
TOPへ戻る