TOPへ戻る
最終更新日:2021.5.1
名称

ティランジア・ストリクタ

学名
Tillandsia stricta
名の由来
striata」は、“直立の、まっすぐの”の意。
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
株径:15cm
形態
樹木や岩に着生し、葉から養水分を吸収して育つ。細長い葉がやや直立ぎみに出て、全体は幅広い箒のようになる。葉は薄緑色で銀灰色のトリコームに覆われ、肉厚で細長いが、基部はやや幅広くなって、内側に丸まる。株の中心から花茎を伸ばし、先端に花序を作り、鮮やかなピンクの苞の中から、紫色の3弁花を咲かせる。
品種
産地によって多くの地域変異があり、園芸品種も多い。
原産地
ベネズエラ、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ
生育
葉から養水分を吸収するので霧吹きなどで保湿する。比較的水を好み、鉢植え栽培できる。耐寒温度は5℃程度。
利用
観賞用。
ティランジア・ストリクタ
千葉県習志野市、自宅
2017.9.19
ティランジア・ストリクタ
千葉県習志野市、自宅
2017.12.9
ティランジア・ストリクタ
千葉県習志野市、自宅
2018.11.26
ティランジア・ストリクタ
千葉県習志野市、自宅
2018.11.26
ティランジア・ストリクタ
千葉県習志野市、自宅
2018.11.26
TOPへ戻る