TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.15
名称

ワリシア・キアネア

ハナアナナス(花アナナス)
ティランジア・キアネア
学名
Wallisia cyanea
Tillandsia cyanea
名の由来
「ハナアナナス」は、花が美しく、「アナナス=パイナップル」の仲間なので。
性状
多年草/常緑/着生植物/一巡植物
大きさ
高さ:20~25cm/葉長:20~30cm/花序長:10~18cm
形態
樹木や岩に着生、または地上に根を張る。葉から養水分を吸収して育つ。細長い葉が直立ぎみに叢生し、葉の先端はやや垂れる。葉は濃緑色で硬く、松葉のように細長いが、基部は幅広く茶褐色がかり、内側に丸まる。株の中心から花茎を伸ばし、先端に桃色で平たい楕円形の苞がついた花序を作り、苞の間から鮮紫色の3弁花を咲かせる。一度花が咲いた株は、二度と花をつけることはない。花後、株元に子株ができ、子株は3年ほどで開花する。
原産地
南アメリカ、中央アメリカ
生育
日光を好む。比較的水を好み、鉢植え栽培できる。冬は乾かし気味に管理する。耐寒温度は5℃程度。
利用
観賞用(鉢植え)。
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅
2017.9.19
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2011.9.19
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅
2014.1.29
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅
2020.2.2
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅
2019.12.24
ワリシア・キアネア
千葉県習志野市、自宅
2014.1.29
NOTE
TOPへ戻る