TOPへ戻る
最終更新日:2021.6.15
名称

ザイフリボク(采振り木)

シデザクラ(四手桜)
英名
Korean june berry
学名
Amelanchier asiatica
名の由来
「ザイフリボク」は、白く細長い花弁を采配に見立てて。
「シデザクラ」は、白く細長い花弁を四手に見立てて。四手とは、しめ縄や玉串などに垂れ下がる、細長く切った紙のこと。
性状
小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:6〜8m/葉身長:5〜7cm/花径:20〜30mm/果径:1〜1.5cm
形態
樹皮は滑らかで縦に筋が入る。葉は先の尖った長楕円形〜卵形で、小さな鋸歯があり、互生する。若葉は白毛が密生するが、次第に毛が落ちて無毛となる。4~5月に、葉の展開と同時に白い花を咲かせる。花弁は細長く5個、雄しべが20個、1個の雌しべの先端が5つに分かれ、花柱の基部には白い毛が密生する。果実は梨状果で9〜10月粉を吹いた黒紫色に熟す。
原産地
日本(岩手県以西の本州、四国、九州)、朝鮮南部
生育
林縁や尾根筋、伐採跡等に自生する。
利用
庭木、公園樹。材は器具材、薪炭材に利用される。
TOPへ戻る