TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.15
名称

エドヒガン(江戸彼岸)

アズマヒガン(東彼岸)
ウバヒガン(老婆彼岸)
英名
Pigmy cherry
学名
Cerasus itosakura
Cerasus itosakura var. itosakura f. ascendens
Prunus spachiana f. ascendens
Prunus pendula f. ascendens
Prunus subhirtella var. pendula f. ascendens
Cerasus subhirtella var. ascendens
Cerasus spachiana var. spachiana f. ascendens
Prunus itosakura var. ascendens
Prunus subhirtella var. ascendens
名の由来
「エドヒガン」は、春の彼岸頃に開花し、東京に多く植栽されていたことから。
「ウバヒガン」は、葉のないうちに花が咲くので、“老婆に歯がない”ことから。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:15~20m/葉身長:6~12cm/葉柄長:20〜27mm/花径:25mm/果径:10mm
形態
大木になる長寿な種。樹皮が縦に裂ける。花期は3月下旬頃で、「ソメイヨシノ」より1週間ほど早い。葉の展開前に開花する。花は淡紅色~薄紅色の5弁花で、ややすぼまり気味で、花弁の先は切れ込みがある。萼筒は紅紫色の筒形で、下部が丸く膨らむ。花柄には毛が多い。葉は先が尖った長楕円形〜長倒卵形で、鋸歯があり、互生する。果実は球形の核果で、5~6月頃、黒紫色に熟す。葉は、晩秋に赤茶色になって、落葉する。
原産地
日本(本州~九州)、朝鮮(南部~中部)
利用
公園樹。
TOPへ戻る